華道男作

素人の華道男である。
現代社会は、ストレスが多発する社会でもある。
華道に一点集中することで、ストレスを消去する。
<< 華道男作165 | TOP | 華道男作167(勝敏様偲ぶ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
華道男作166
ドクダミと赤い花・黄色い花をお皿の上に花器を載せて生けて見ました。

花が小さい為に、小さいお皿・花器としました。

印象が強かったのはドクダミの白い花でした。

一般的には、嫌われ者ですが、生き生きとした白い花で、生命力を感じました。

野の花には、生命力の強さをいつも教えていただきます。

それでは、ご覧ください。


166

              華道男作166


166-1
| - | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
スポンサーサイト
| - | 00:12 | - | - | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dansaku.jugem.jp/trackback/171
トラックバック